めずらしいリンゴギョウザを焼いてみました

先日、リンゴのギョウザを作りました。
ひき肉と長ネギのみじん切りを混ぜて、しょうゆやごま油、黒こしょう、塩などの調味料を加え、さらに1センチ角に切ったリンゴを加えて混ぜます。
ギョウザの皮で包み、あとは熱湯を加えたフライパンでおいしそうな焦げ目が付くまで焼くだけです。
いつも思うのは、ギョウザは包むのがめんどくさい、また、焼き方が難しい、というところです。
包む作業は特に、この世で一番大変だと思ってしまいます。
みためはどうしてもラーメン屋さんのようにおいしそうにできません。
それはともかく、リンゴ入りの餃子は初めてだったので不安でしたが、意外にもリンゴの味が邪魔にならずいいアクセントになっていて、いい味のギョウザができました。
リンゴ酢に黒こしょうを入れてタレにしましたが、合っていました。
リンゴ入りのギョウザ、ぜひまた作りたいです。
さらに他のフルーツでもおいしくギョウザができないか、検討してみようと思います。返済シミュレーション aiful